揚輝荘北園

■ コウバイ 
紅梅色は、梅の花に由来する、かすかに紫みを含む明るいピンク色で、
清少納言が「枕草子」でとりあげていて、平安時代後期に人気のある色
だったそうです。寒さが厳しい折に、葉に先だって若枝の節ごとに咲く淡
い紅色の花は、ふくよかな香りを漂わせて、春がすぐそこまで近づいて
いることを教えてくれます。
  


〔 close 〕