揚輝荘北園

■ スイレン
花名のスイレン(睡蓮)は、この花が夕方に閉じる(睡る)ことに由来するといわれます。朝に花を開き、夕方に花を閉じるスイレンは、古代エジプトにおける太陽のシンボルとされ、エジプトの装飾や神話にも多く登場します。花言葉の「信仰」もこれにちなむといわれます。
揚輝荘のスイレンも朝から夕方まで花を咲かせます。
  


〔 close 〕