揚輝荘北園

■ トラノオ
夏になると伴華楼の前にある花壇に花を咲かせます。虎の尾から連想するように、花穂が長く茎のまわりに花が付き、先端がふさふさと垂れているイメージのものの総称がトラノオです。
日本では戦前より普及し始め、マイナスイオンを発生し、空気の清浄化が高い観葉植物として紹介され、さらに広く知られるようになりました。
  


〔 close 〕